白内障は眼の中の水晶体が混濁する

白内障と老眼はまったくの別のもので、老眼は加齢によってピントを調整する機能が衰え、近距離から中距離のものが見えづらくなりますが、老人性の白内障は、加齢とともにこの「水晶体」が混濁する見えづらくなる病気です。

ですので誰しもが、老眼になりますし、どんな人も白内障になります。

「目の疲れがひどくなった」「ピントが合いづらい」などは一般的によく聞く症状です。

白内障はそのような老眼の症状が紛れて自分でも気づかないうちに悪化していきます。

具体的には、水晶体が濁ってしまい、光を通しにくくなります。そのため靄がかかったように風景がかすんで見えたり、まぶしくて見えづらかったりする。悪化すると視力が得られなくなります。

これは近視や乱視とは違い、ピントが合わないのではなく目の前に磨りガラスがあるような状況です。

ひどくなるとあまり光を通さない布があるような状況になります。

白内障治療点眼薬公式サイトはこちら